山行記録

山行記録一覧に戻る

2019年05月06日(月)・提出

期間 2019年05月03日(金)~2019年05月03日(金)
目的の山域山名 秋田 森吉山
登山方法1 日帰り 登山方法2 -------
目的1 個人 目的2 積雪期、ピークハント
記録
天候:晴れ

5/3 柚ちゃんが行くというので3大樹氷で有名な森吉山でかがりび4人合流、たけ夫婦も岩手と秋田の友人もご一緒すると言うことで4人山開きの旧森吉スキー場駐車場に集合する。 8人で記念撮影してたけパーティはバックカントリーで別行動。

ががりび四人は受付済ませると、一番遠方、最年長?の主人が参加者代表を仰せつかる。 スノーシューは私達だけ、長靴が大半、ても湿地を渡るともうずっと雪だった。 ゲレンデ跡を登り、急登を登ると森吉山が見え素晴らしい景色! どんどん抜かれるばかり、神事に間に合うか心配だったが、十分間に合いほっとする。 参加者代表の主人、秋田新聞のインタビューを受ける。 山開きなんて初めて、神主さんも山の服から装束にお着替えして祝詞をあげられ、私達も今年の山の安全を祈る。 主人も大役を果たし、ここから別行動で森吉山頂目指すが、素晴らしい雪原。山頂直下だけ雪がなく、スノーシューをデポして登る。 森吉山頂からは、秋田駒ヶ岳、八幡平から岩手山、八甲田、岩木山も見渡せた。 神事に、時間取られたので歩くのが遅い私、でも最高の天気に恵まれて無事歩けたのは良かった。 登って来た稜線を見ながらの下山は最高たが、脚の疲れが出て来たし、もう後ろは誰もいない。 やっと駐車場が見えると和歌山ナンバーの私達の二台だけだった。 北秋田市主催の山開き、地の利のない私達はお陰でコースの心配なく最高のスノーシューハイクだった。 令和になっての初登山、平成最後は八甲田誕生日登山。10連休の目的は達成した。たけ夫婦とは恐山と弘前城はご一緒したが、六泊は一緒、柚夫婦とは和歌山から違う山登りながら、森吉山で合流、では又和歌山で! 走行距離、昨夜までで1820キロ。(東北9日間は3330キロ)

(コースタイム) スタート地点08:2508:46森吉スキー場分岐08:4609:13森吉山一ノ腰コース六合目09:1310:17一ノ腰10:1810:23雲嶺峠10:2310:43森吉神社避難小屋(森吉神社)12:0312:19石森12:1912:36森吉山阿仁避難小屋12:3713:00稚児平13:0013:17森吉山13:3313:47稚児平13:4814:00森吉山阿仁避難小屋14:0014:18石森14:1914:37森吉神社避難小屋(森吉神社)14:3714:52雲嶺峠14:5815:04一ノ腰15:0415:27森吉山一ノ腰コース六合目15:2715:46森吉スキー場分岐15:4616:18ゴール地点G

概念図

  sin:天気が良いので安心できた。丁度山開きの日なので参加を申し込んでいたのでコースの不安がなく良かった。朝八時前に駐車場に行くと一般参加の代表で森吉神社で玉櫛を奉納して欲しいと頼まれて引き受ける。令和の初めての山行で今年の安全登山を祈願するチャンスをくれたのだと思う。いままでだと多分ことわっている。参加者の中で一番の遠方の和歌山からという事、そして一番の高齢だったからか?。冬はコメツガの三角錐の樹氷が見事だそうで、ほかにはモンスタ-があってもこれはないらしい。でも天気は悪いので見られるチャンスは少ないようだ。さすが三大樹氷の森吉山。いつか見てみたいものだ。

ヒロ:素晴らしい天気、山開きで人も多く快適なスノーシュー登山。神社のイベントもしっかり参加し楽しい1日でした。宿泊したマタギの里も料理、温泉ともに良かったです。

柚:森吉山の山開き行事に便乗しての安心登山。この季節にスノーシューハイクとはやはり豪雪地帯の山です。森吉山の神事で今年の安全登山を祈願してもらえてよかった。森吉山斜面のコメツガが冬はモンスターになるんだとわかりそれもいつかは見てみたいとおもいましたが、条件厳しいだろうな。きょうは何と言っても一日快晴で風も穏やか、最高の春山日和でした。

交通費、食糧、その他費用など
(しん&紫組)
9日間で走行距離観光も入れて 3330キロ(うち200キロはたけ号) ガソリン270L ¥39890(和歌山136円、高速162円最高、平均147円)
高速代、下道走行もしているので約2万位だろうか? 又兵衛さん7500円×2(一人)テレマーク山荘6000円

山行記録一覧に戻る